多汗症の原因は、以下の通りです。 ・精神的要因 ・病気 ・ホルモンバランスの乱れ ・更年期 ・タバコやコーヒー 多汗症の原因として最も大きいのが、精神的なものです。 不安やストレス、緊張によって、交感神経の働きが活発になってしまい、大量の汗をかいてしまいます。 また、何かしらの病気が原因で、多汗症を引き起こしている可能性もあるでしょう。 特に、中枢神経系や代謝に関係する病気になると多汗症になりやすいです。 それに、ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経がおかしくなってしまい、多汗症になることがあります。 例えば、更年期になるとホルモンバランスが乱れがちになるため、自律神経がおかしくなってしまうことも少なくありません。 これを更年期障害と呼んでいますが、その症状の一つに多汗があるのです。 それから、タバコやコーヒーに含まれる中枢神経興奮剤が交感神経を活発にさせるために、汗が出やすくなることもあるでしょう。 多汗症の原因は、このようにたくさんあるので、自分がどれに該当するのかを考えてみてください。 そして、それに合った改善方法を行うようにすることが大切です。